トリマーの一日の流れ

トリマーの一日の流れ

トリマーの一日の流れ

トリマーの一日の流れはどのようになっているのでしょうか?
働くお店によってスケジュールは変わってきますが、一般的なペットショップさんなどで働く場合で説明します。

 

OPENが10時のペットショップの場合

 

9時:出勤 掃除等
出勤後は掃除等トリミングをスムーズに行えるための準備をします。
ペットショップのペットのお世話やペットホテルで預かった子の世話をすることもあります。

 

10時:OPEN トリミング
お客さんが来たらトリミング開始
個体差やメニューなどによって変わりますが基本的に一頭当たり平均2時間ほどで終わらせます。

 

トリマーはお客さんがいれば基本的にここからはトリミング作業のみになります。
お昼休憩は他の従業員さんとの入れ替わりで1時間ほどとります。

 

18時:トリミング終了 後片付け
トリミング業務が終了した後はしっかりと清掃、後片付けをします。
後片付け終了後、他のペットのお世話など行うこともあります。

 

19時:帰宅

 

 

あくまでこれは一例ですが、お店が開店してお客さんが来る限りはトリミング作業をこなすことになります。
その他出張・送迎サービスを行っているお店もあり、車の運転をすることも。
またペットショップなどのペットのエサやりや散歩などを行うお店もあります。
逆にトリミングサロンなどトリミング以外の仕事がないところも。

 

働く前にしっかりと一日のスケジュールや作業内容を聞いて把握しておく必要があります。

トリマーを目指すなら短期間で費用も安い通信講座がオススメ!
通信講座の中でも圧倒的なサポート力があるヒューマンアカデミーの「たのまな」
資料請求は無料です。
たのまな トリミング講座