トリマーのメリット・デメリット

トリマーのメリット・デメリット

トリマーのメリット

トリマーの経験者からメリットを聞いてみると

 

1.好きな動物とたくさん触れ合うことができる
トリマーは動物好きな人があこがれる職業であり、大好きな動物とたくさん触れ合うことができます。
大好きな犬種がきたり、時にはものすごく珍しい種類の犬種との出会いがあったり。
犬以外でも猫などと触れ合うことができます。

 

2.動物の知識が増える
トリマーになるには、専門学校に行くか通信講座で資格を取る人がほとんどです。
(資格は必ずしも必要ではないが未経験では雇ってもらえないため)
そこでは動物に関する知識を色々と学ぶことになります。
健康管理などちょっとしたことで異変に気付いたりすることができるようになります。
また実践面では仕事で多く犬や猫と触れ合うとことで覚えることもあります。
自分の愛犬や愛猫などのペットを飼う場合にもとても役立つ知識となります。

 

3.技術を身につければ一生ものに
トリマーは一度技術を身につければ一生ものになります。
女性では結婚・妊娠を機に職場を離れたとしても、技術・経験があれば職場復帰もしやすい職業になります。

 

4.愛犬・愛猫などのトリミングが自分でできる
トリミングも決して安くはありません。
人気のトイプードルなどは月1のトリミングが理想とされています。
1回のトリミングが7000円かかるとすると、年間84000円。
自分でトリミングができればこのお金は全くかかりません。

 

5.年齢不問
トリマーになるには年齢は関係ありません。
主婦になってから資格を取って働くことも可能な職業です。

 

6.ペットブームで需要が急増中
ここ最近のペットブームによってトリマーの需要が急増しています。
就職に有利な状況です。

 

7.独立開業がしやすい
今日ではフリートリマーが活躍しています。
自宅でトリミングを行ったり、出張トリミングを行ったりする人です。
技術があればできるので、独立開業もオススメです
規模を大きくしたければトリミングサロンなどで開業することもできます。

 

8.やりがいを感じられる
自分がトリミングを行うことでキレイになったワンちゃんなどをお客さんに返す時にとても喜ばれるのでやりがいをとても感じられます。
お客さんから直接「ありがとう」といわれると、トリマーやってて良かったと思えます。

 

 

トリマーのデメリット

トリマー経験者が語るトリマーのデメリット

 

1.給料が安いところが多い
ペットショップなどでアルバイトですと時給はそんなに高くないところが多いです。
正社員でも最初は手取り20万以下というお店が多い。
働く場所によっても変わってくるのでしっかりと調べて見るのが大事です。

 

2.意外と重労働
大型犬などが来た場合も対応しないといけないので大変です。
立って作業している時間が長くとても疲れます。

 

3.手に傷ができやすい
噛み癖のある子がきたり、引っかき傷などで手に傷ができやすいです。
ある程度経験を積んでも傷ができるときはできます。

 

4.手が荒れる
シャンプーや手洗いを1日に何度もするので手が荒れます。

 

 

 

以上トリマー経験者が語るメリット・デメリットです。
どんな仕事にもメリットとデメリットはありますが動物が好きで興味があれば一度は体験してほしい職業でもあります。
大好きな動物を触れ合うこともでき、やりがいもとても感じられる仕事です。

 

 

トリマーを目指すなら短期間で費用も安い通信講座がオススメ!
通信講座の中でも圧倒的なサポート力があるヒューマンアカデミーの「たのまな」
資料請求は無料です。
たのまな トリミング講座